授業を通じて自分を変える

チームメートが寄付用に作成したロゴ
チームメートが寄付用に作成したロゴ

Class of 2016のTKです。今日は前回のエントリーで記載した、Mastering influence and Persuasionの続きを書こうと思います。

この授業では、ファイナルプロジェクトとしてファンドレイジングをすることになっていて、その発表がついに10月12日(月)に迫ってきました。私は、4人のクラスメート(3人がSOM、1人がComputer Science Departmentの大学生)と一緒にこのプロジェクトをやってます。団体は、Child Traffickingの廃絶を目指すLove146(https://love146.org/)です。


プロジェクトの言い出しっぺという立場上、リードすることが多いのですが、どちらかというと支えてもらうことが多く、やる気のあるクラスメイト に助けられています。資金調達とあって、色々な人に「寄附してくれ」と頼んでいくのは、なかなかタフですが、人に頼む良い練習になっています。


現時点で、チームとして、100に上る個人と10弱の企業に寄附をお願いしていて、ようやくいまの金額(https://donate.love146.org/fundraise?fcid=508990)を集めることができました。


嬉しいことに、チームメートの尽力で、おいしくておしゃれな地元のGCafeが150個におよぶパンを寄附してくれることとなり、チームの士気は今なお高く、残り一週間弱、走り切れそうな気がします。10月7日(水)の朝からクラスメートや教授達に販売をしていくので、500ドル弱の寄附を集めることができるのではないかなと。


Experiment/Action baseの授業は、こういうところがやっぱり面白いですね。