留学前の準備

こんにちは、Class of 2016のTKです。いよいよ卒業式まで一ヶ月を切りました。2年間、本当にあっという間です。

2年前の今頃、家探しや予防注射、家の整理などに追われつつ、留学を楽しみにしていた記憶が鮮明に蘇ってきます。折角なので今日は、今年から米国に留学される方向けに、個人的な留学前準備について書こうと思います。

基本的に、目標を設定して、PDCAを回すことを意識するのがとても重要だなと留学して感じます。留学中に手広く広げすぎて、結局深掘りがなかなか出来なかった、と言うこともあります。また、目標を留学中に探している間に時間が過ぎてしまって、後悔が生まれることもあるでしょう。ひとまず、仮説ベースで良いので大きなカテゴリーで目標を複数設定して、それを細分化、行動リストに落とし込むところまで留学前にやっておくと、判断のスピードが速くなって、絞り込みやすくなります。行動して得たフィードバックを基に、目標のズレを修正するもできますしね。また、行動リストに書いたものはどんなことであれ、重要な目標とリンクしているものなら必ず実行することが大事です。例えば、毎回必ず授業で発言する、と決めた場合にはそれを忠実に守ってすごすなど、行動を継続することでマインドセットがシフトすることが少なからずMBA生活ではあるはずです(言うは易し、行うは難し、ですが…)。

ということで、自分自身の経験を元に、ざっくりと留学前にやっておくといいなと思うのは下記の五つです。

  1. MBAで伸ばしたい能力や回答したい質問をリストアップする
  2. ホントに早め早めに目標設定・時間の使い方を決める
  3. KPIや質問に回答するために必要な行動・情報を仮説立てる
  4. 初めの3ヶ月、長くても半年以内に仮説検証をする
  5. 最終的に達成した目標・回答した質問の深掘り・仮説検証に時間を投資する

これもしておけばよかったな、ということはと言うと、学校にあるリソースを予め調査しておくことでしょうか。これをすることで、自分のやりたいことや得たい情報に到達する時間がかなり省けたんじゃないかなぁと感じます。

 

留学前も色々とやることが多くて大変だと思いますが、がんばってください~。